iOSアプリ “Success Timer” をリリースしました。

Success Timerはシンプルなカウントダウン方式のタイマーアプリです。プレゼンや発表、イベントなどの場で、人前で話したり、タイムキーパーをしたりする人なんかに使ってもらいたいなあと思って作ったアプリで、あらかじめ設定しておいた残り時間の経過をスクリーンカラーの変化でお知らせします。

もちろん通知音やバイブによるお知らせもあります。大きな文字で見やすい「ワイドタイマー」と、進行状況をサークル状に表示する「サークルタイマー」があり、用途に合わせて選べるのも特徴です。

iOS 11以降のiPhoneとiPadに対応。有料です。

続きを読む iOSアプリ “Success Timer” をリリースしました。

Vuforia AR+VR Sampleでつくる脱出ゲームもどき

Unity向けに公開されているVuforia AR+VR Sampleを使い、簡単なクイズに答えて脱出するiPhoneアプリを試作してみました。

サンプルで使っている3Dモデルやその表示位置を変更したり、インタラクションに少しアレンジを加えたりするだけで次のようなものができました。

続きを読む Vuforia AR+VR Sampleでつくる脱出ゲームもどき

ARKit+Core ML+Visionでリアルタイム物体検出

前回は、AVFoundationを使ってリアルタイムに画像を取り込み、Core ML+Visionで物体検出を行うアプリを試作しました。

今回は、リアルタイム画像取り込みの部分をARKitに変更し、検出した物体の情報を物体の近くに表示することで、よりARらしい表現になるようにアレンジしてみました。

続きを読む ARKit+Core ML+Visionでリアルタイム物体検出

Vision+Core MLでリアルタイム物体検出

すっかり機械学習のビッグウェーブ(?)に乗り遅れているのですが、Core MLで少しは機械学習をかじった気になろうという企み。

Appleのサイトで紹介されている公式サンプルと機械学習モデルを参考に、アレンジを加えたアプリを試作してみました。

続きを読む Vision+Core MLでリアルタイム物体検出

iOSアプリからAmazon S3へファイルアップロード

ここ最近、某iOSアプリ案件を一緒に進めているパートナー会社のエンジニアさんを、技術面で少しだけサポートさせていただいたりしています(知ってる範囲で質問に答えるだけですが)。

で、その某iOSアプリ案件、AWSとの連携があるかも…という流れになってきました。僕の担当パートではないのですが、多少興味もあったことからAmazon S3へファイルをアップロードするiOSアプリを試作してみました。

試作アプリはGitHubにアップしていますので、誤りとか、もっと良い方法とかあれば、フィードバックをいただけると嬉しいです。

以下、試作アプリをつくった手順について、簡単に解説していきます。

続きを読む iOSアプリからAmazon S3へファイルアップロード

UIImagePickerControllerのメモリリーク

はい、タイトルそのままです。
仕事で手がけていたアプリでこの現象に遭遇しました。

具体的には、UIImagePickerControllerを使ったカメラ機能で100枚以上写真を撮り続けているとメモリリークによりアプリがクラッシュするというもので、Appleも認識しているiOSの既知の問題のようです。

続きを読む UIImagePickerControllerのメモリリーク

続・自作アプリの構想を考える

前回は、UnityVuforiaでアプリ(というよりゲーム)開発を検討し、試作したところまで書きました。

構想中のアプリの要件には二次元画像の認識があって、Vuforiaで実現させるつもりでいます。ただ、当然ながらApp Storeで公開するにはお金がかかっちゃうんですよね。これを書いてる時点のレートだと52,760円くらいVuforiaに支払う計算です。

続きを読む 続・自作アプリの構想を考える

自作アプリの構想を考える

久しぶりにプライベートワークに着手しようと思っています。
App Storeへの公開が目下の目標。

今あるのはボンヤリとした構想のみ。
コレといった深みはなく、どこにでもありそうなシンプルな感じの構想です。

続きを読む 自作アプリの構想を考える

Swift 4でQRコードを読み取る

前の記事でも触れたように、第1回もくもく会ではQRコードの読み取りをテーマにもくもくしました。

このテーマは先人達がすでにやってることなので、お手本があれば1時間もかからずに終わるだろうと思っていましたが、Swiftのバージョンが3から4に上がって間もない昨今。時間内に用途に合わせてアレンジするところまでは辿り着けませんでした。が、QRコード読み取りまでは実現できたので、第1回もくもく会開催記念ということでコードをGistにアップしました。

続きを読む Swift 4でQRコードを読み取る

「iOSアプリ制作もくもく会 – SwiKuma」を始めました。

唐突ですが「iOSアプリ制作もくもく会 – SwiKuma」を始めました。

プログラミング言語Swiftを使ったiOSアプリ制作について、ゆる〜く学ぶための自習会です。
SwiKumaというのは「すいくま」と読んでますが、Swift Kumamotoの略で、愛称があったら覚えやすいかなと思って命名しました。

続きを読む 「iOSアプリ制作もくもく会 – SwiKuma」を始めました。